Columns / Tips

コラム

2020/02/12

面接編 <志望動機について>

書類が通過し、面接選考では必ず志望動機をきかれると思っていて間違いありません。
「なぜその会社へ入社したいのか」「入社したら何を実現したいのか」といった質問に対し、クリアに説明できるようにしておきましょう。転職のベテランだと思われる方でも、この動機と企業ニーズが合っていないことがままあります。

志望動機は、マイストーリーのきっかけ


自分の思いがすべて書類でカバーされているわけではありません。書ききれなかった自分の強みをアピールしましょう。面接官の興味を引きつけ、「自分事」と思ってもらえる話の展開が必要です。志望動機は自分のストーリーを売り込むきっかけとなります。そして志望動機を語るためには、その会社のことはもちろん、業界・市場研究は前提となります。

他の候補者と同じような動機ではありませんか?


「御社が急成長しているので」「社長のメッセージに共感しました」とだけ伝えてみましょう。それではあなたの色が全く出せていません。他の会社でも同じことを言っているのだな、と思われておしまいです。また、他の候補者も似たようなことを言っているかも知れません。

「急成長している御社の○○の分野で、これまで○○の実績を出してきた自分の経験とスキルを生かして、御社にさらに貢献する自信があります。具体的には○○のようなアプローチをしてみたいと考えています。」
「社長のメッセージを○○のイベントやホームページで拝見し、御社のビジネスの方向性や経営戦略に○○の点で共感しました。そのような環境で自分の○○のスキルや経験をさらに伸ばすことができると感じました」
これだったらうちの会社を分析してきている、この候補者の経験をうちで生かしてくれそうだとイメージできますよね。具体的な描写・説明が大事なのです。

企業のニーズと自分のスキル・経験のマッチングをイメージ


面接での志望動機の前に、自分のキャリアプランを考えておく必要があります。
応募先の企業について、また応募している案件は何が求められているか。それに対して自分という人材は、スキル・経験値からマッチングしているか。自分のキャリアプランにとってこのポジションは何が魅力的か?をよく考えておきましょう。
また、その企業で自分が今後どのようになりたいのか、どういう成果を出せそうか、なぜそう考えたのかなども伝えられるようにしておきましょう。
お互いの思いや認識が異なったまま入社してしまうと、早期退社となってしまいます。企業と人材のミスマッチはお互いの不幸ですので、しっかり見極めることが大事です。

退職理由も志望動機のアピールポイントとなり得る

企業側からの質問で「なぜ前の会社を辞めたのか?」「なぜ転職活動をしているのか?」は必ず聞かれます。また、さらに「現在の会社にいながら、なぜそれができないのですか?」との突っ込んだ質問に「上司の理解がない」「上司が評価してくれない」などとネガティブな回答をしたら、面接官の印象は悪くなるどころか、チームプレイのできない人、うちでも馴染めないかもと思われます。
「自分の希望や目標を叶えるため○○や○○など、上司に何度も掛け合い、この上司に対し数年間努力をしてみたたが実らず、実現できる会社への転職を決意しました」だったらどうでしょうか。言い方次第で、ポジティブにもネガティブにもなりますので、言い方には細心の注意を払いましょう。